品種紹介

2016
AAS受賞品種

けいとう(アジアンガーデン)
Celosia dwarf


【品種の特徴】
分枝よくボリュームがあり、ポット、花壇でのパフォーマンスに優れた品種。
連続開花性が優れ、初夏から晩秋まで咲き続け、ガーデンの植栽で品種特性が発揮できます。
蝶やハチなどを引き寄せる働きもあり、海外ではマグネットフラワーとして楽しまれている。
2016 A.A.S.(全米品種審査会受賞品種)


【栽培ポイント】
発芽適温 20〜25℃ ※温度不足に注意
覆  土 軽く種子が隠れる程度
生育適温 15〜30℃
※栽培温度が低いと生育が緩慢になり葉にアントシアンが出る。
土壌条件 排水の良い土壌、ph5.8〜6.2
栽  培 3寸ロングポット、10.5cmポット
406穴もしくは288穴プラグに「5〜10粒播種」
ポット上げ2〜3週後にピンチを行うことでボリュームが増す
栽培期間 定植から開花まで約4〜5週
矮化処理 特に必要ないが、旺盛な場合は生育状況を見ながら適宜処理
病害虫防除 アブラムシ、スリップス、ヨトウムシ、ダニ等、定期的に防除を行う

ページのTOPへ▲
※本ページに掲載されている全てのコンテンツ(記事・画像など)は、
株式会社ムラカミシードの承諾なしで無断転載することを禁じます。

(C) MURAKAMI SEED CO., LTD.

〒309-1738 茨城県笠間市大田町341 TEL 0296-77-0354(代) FAX 0296-77-1295