品種紹介

ユーストマ(その他)
Eustoma


     

ハニームーン
〈Honeymoon〉

ノビアホワイト
〈Novia White〉

パールホワイト
〈Pearl White〉

天女の羽衣
〈Meetan Pink Sounds〉
クィンオブナイト
〈Queen of Night〉
せせらぎ
〈Lip Blue〉
涼(りょう) アンジュラベンダー
〈Ange Lavender〉
   
フィリッチブルー
〈Felice Blue Sounds〉

フィリッチピンク
〈Felice Pink Sounds〉

   

《担当者より一言》
ムラカミのユーストマは今後も皆様のニーズに対応すべく、新品種・新シリーズの育成を行い、品種の充実を図ってまいります。


●品種特性

ハニームーン
(MEX2393)

中晩生の大輪イエロー八重種。草丈・ボリューム取りやすく作りやすい。季咲きや抑制栽培に適している。

ノビアホワイト
(MEX2198)

中生の中小輪白八重種。花弁が非常に硬く花持ちがよい。草丈はやや低いが、ステムは硬い。

パールホワイト
(MEX1339)

中小輪薔薇咲きの晩生種。花弁の巻が非常によく、立体的な花形になります。下位節からの無駄芽がなく手間がかかりません。茎は硬く草丈も取れる非常に作りやすい品種です。暖地・高冷地の季咲き出荷の作型がお勧めです。抑制栽培ではブラスティングに注意して下さい。
天女の羽衣 大輪中晩生種/季咲き〜抑制栽培向き
純白にやや赤みがかる桃色の覆輪でややフリルの花形が目を引き、ステムも硬くできます。
クィンオブナイト 中大輪中晩生種/季咲き〜抑制栽培向き
花弁の光沢が美しい濃紫品種の登場です。花粉が少なく花弁を汚しにくく花弁の厚い抑制栽培向きの期待品種です。
せせらぎ 中小輪の紫覆輪種で、色流れしにくい品種です。

涼(りょう)

中輪の紫覆輪種。ステムが硬く、開花、花型のそろいが非常によい品種です。

アンジュラベンダー

上品なラベンダー色で茎の硬い品種です。高温期を越える作型では花弁が小さく、花弁数も減ることがあるので注意して下さい。

フィリッチブルー

花弁は厚く少しフリルがかかります。茎も硬く草丈もとれ作りやすい品種です。

フィリッチピンク

桃色覆輪種。ブルー同様、花弁は少しフリルがかかる。開花はブルーより少し遅れます。
ページのTOPへ▲
※本ページに掲載されている全てのコンテンツ(記事・画像など)は、
株式会社ムラカミシードの承諾なしで無断転載することを禁じます。

(C) MURAKAMI SEED CO., LTD.

〒309-1738 茨城県笠間市大田町341 TEL 0296-77-0354(代) FAX 0296-77-1295